ショッピング枠を正しく使ってこそ得をする

ショッピング枠を正しく使ってこそ得をする

ショッピング枠現金化業者の特徴と致しまして、消費者が不都合になる部分=デメリットに関してはあまり説明されることがありません。

 

これは、各お店に問い合わせを行う事で確認することが出来ますが、基本的に利用して貰わなければ業者側に利益が残りませんので、彼らが利益無しで営業を行うことはまるで無意味であります。

 

ショッピング枠現金化出来ますよ、と集客しておきながら、換金することは辞めた方が良いですよ、と言うのは、うちのラーメンはマズイよと言っていることと同じです。

 

それではメリットとして考え得ることが果たして存在するのか、真剣に考えてみる事にしました。

  • 確かに現金は手に入る
  • 手間は掛からない
  • 意外とトラブルが無い

実は振り込まれないというトラブルは少ないのでは無いかと感じます。

 

入金の早い遅いはありますが、結果的に見れば振り込まれることが大半であり、その換金率が低かろうが言っていることと異なっている金額であったとしても、とりあえず現金を手にすることは出来るようです。

 

現金を受け取っている以上、ホルダーとしても既成事実が根底にあることにより、業者側として低換金率で有ったとしても利用規約違反で有る事を察知して詐欺紛いの対応を取る業者は総じて悪徳業者として口コミを確認することが出来ます。

 

しかもよく消費者金融でありがちな職場への在籍確認や、収入証明書を提出する必要が無い為に、自身が恥ずかしく感じる情報を出さずに済むことにより、手間が掛からないということは、時間が掛からないということでもあります。

 

さらに、利用後に滞りなく支払い続けることさえ出来れば、発行元からの連絡が掛かってくることもありませんし、特に業者から執拗な嫌がらせや営業の電話がなることはありません。

 

たまにキャンペーンのお知らせなどとメールが来ることがありますが、電話が鳴ることはなく営業されたとしてもメール止まりとなっています。

 

私自身、何社も実際にショッピング枠現金化を経験した過去が有りますので、空想で記述された中身の無い比較サイトよりも信ぴょう性の高い内容だと勝手に思っていますが、挙げる項目はこれくらいしかありません。

 

私が考えるデメリットとしましては、これまで他の記事でも既述したようにどんな手続きでもかかる手数料がネックとなっており、金銭的にトータルして考えても、特に高額であればあるほど、その後の経済環境を悪化させ、火に油を注ぐという表現が適切であるからです。

 

決済することによって得られるポイントの還元を足したとしても、それは微々たる金額にしかなりません。

 

クレジットカードは正しく使ってこそ得をするサービスだと改めて感じます。