ショッピング枠現金化でよく出る還元率や換金率について

ショッピング枠現金化でよく出る還元率や換金率について

借金返済に困り、キャッシング以外の方法を考えるなら、ショッピング枠現金化という方法があります。

 

あくまでも奥の手です。できるこなら、お金は借りないほうがいいはずです。

 

もし借りる場合は、キャッシングの金利と同じような還元率や換金率について知識を仕入れておきましょう。

 

還元率や換金率に注意

 

ショッピング枠現金化では、希望する予算に対して自分自身が所持する与信枠が一体どの程度残高が有るのかが問題になり、業者がそのリミットを決めている事は有りません。

 

「限られた与信枠を出来るだけその金額に近い形で与信枠を換金したい」

 

そこで登場するのが、還元率や換金率といった言葉であり、還元率=キャッシュバック率とも呼ぶことがありますが、どれも同じ意味を表していますガ、言葉の表現は変わっても受け取れる金額は同じですから勘違いしないようにしましょう。

 

当然パーセンテージで決められる事になるのですから、その数字が高ければ高いほど、我々消費者の手元にお金が残る筋書きですが、100%は絶対にありえません。

 

さらに100に近い数値、99%や90%も高い数字ですけれども、この数字が高すぎると騙されている恐れが懸念されていますので注意が必要です。

 

還元率・換金率の意味をわかりやすく解説

 

還元率が80%や90%というと、まるで宝くじの当選確率のような気にもなってきますが、言葉の正しい意味を知っていないと悪徳業者の格好の餌食となりやすくトラブルの原因になります。

 

還元率や換金率は当選確率ではありませんし、各種手数料を除いた概念で表記されている事が多く、振込手数料とも全く違います。

 

利用可能なショッピング枠内で商品を購入し、還元にしかり買取にしかり手元に残る金額の割合のことですが、問題となるケースの代表例として、表記上は還元率90%と言いながらも実際に手元に入るお金は90%以下の業者が意外とたくさん存在するということです。

 

キャッシングでも過払い金請求問題がありますが、これも法律をよく知らない一般消費者を欺いていると考えることもできます。

 

しかし、過払い請求とは取り過ぎた利息を利用者に返還してくれる制度を指しますが、クレジットカードの支払いに関してはその保護は適用外となっており、後で何か有ったとしても貸金業者の様に過払いの請求をする事は出来ません・・・実際に手元に入る金額を提示されたら、還元率がいくらになっているのがすぐに計算しましょう。

 

パーセンテージは高いほうがいいけれど

 

ショッピング枠現金化業者を比較する際に最も注目される項目は、たいていは80%〜90%くらいですが・・・中には98%以上の還元率を記載している業者もあります。

 

そういった業者は、他の部分で手数料を取っていることが多く、結果的にはどこも同じような数値に落ち着いています。

 

98%だと言い張るとしましょう。

 

その他手数料が多いショッピング枠現金化業者は、最終的に手元に残る金額が減ってしまい騙された気分になります。

 

その手数料名目も、振込手数料、事務手数料、配送料など聞いてなかったものばかりだとすると、詐欺の疑いもあります。

 

まとめ

 

ショッピング枠現金化の業者選びでは、還元率や換金率に注目して選ぶ事は間違いではありません。

 

しかし、表面上の還元率・換金率が98%など高すぎる場合は、その他手数料で余計に費用がかかる場合があります。

 

実際に計算して、本当にその金額になるのかどうか、表記される率を大幅に下回らないかどうか確認作業も必要です。