プリカ詐欺が横行しています!

プリカ詐欺が横行しています!

ショッピング枠現金化で用いられているプリカとは、Amazonギフト券Eメールタイプが該当します。

 

買取業を営むところは、古物商営業許可証を所有していることが営業する上で必要となっておりますが、この電子ギフト券が取引される際の特徴としてギフト券購入時に指定する送付先を業者が管理するアドレスに指定されるという共通手口があります。

 

一度も購入者の手元に来ることが無く送信されますので、買取とは言えど取引の実態を見れば「プレゼントしている」ことと何ら変わりないのです。

 

その為、「買取します!!」なんて謳いながら古物商許可番号を掲載しないという、はなから法や媒介物の特性の隙間を突いた悪徳業者が存在しており、業者だけでなく、個人間においても詐取する為の媒介物として電子ギフト券が悪用されています。

 

電子ギフト券とは前述したAmazon以外にも、iTuneやLINEなども独自巨大プラットフォームがある中で利用できるギフト券として、世界的知名度を誇る法人が展開されるサービスですから自ずと需要がある拝啓が仇となり、詐欺業者に利用されているという悪い側面が表立っているのです。

 

オンライン上で購入する仕組みも有りますが、全国各地に点在するコンビニエンスストアやスーパーでも陳列されているように、身近にある存在なので買いやすく、馴染みのある存在なので従来の電子マネーに代表されるウェブマネーやコンビニ決済よりも比較的安心感もあるようです。

 

しかし、これまでのショッピング枠現金化とは異なり、購入後のキャンセルにつきましては不可能。

 

電子情報として管理されているプリペイドカードは、そもそも使用済みコードを復活させる事が出来ない、つまりは使い捨ての仕組みですので、例え購入後に騙されたことに気付き、業者に送る事は踏み止まったけれどもコードの発行元から現金で返金を依頼することは不可能なんです。

 

使う意思が有ろうが無かろうが、購入してしまったコトの取り消しは不可能であり、購入の際には「返品出来ませんがよろしいですか?」と尋ねられるはずです。

 

詐欺業者はこうした複雑な背景を利用し、銀行間取引による「足元を辿られる」可能性を無くし、換金市場での換金を行う事で洗浄されたお金を手にすることが出来ますので、世の中にはアダルトから投資から様々な詐欺の種類がありますが、総じて詐欺に電子ギフト券・プリカが犯行手口の一つにカウントされているのです。

 

プリカを使う取引が健全であると売り文句にしている業者には、このような思惑が存在していることを十分に認識し、"カモ"として見込まれないように注意してください。