ネットオークションとショッピング枠現金化

ネットオークションとショッピング枠現金化

商品の購入だけではなく、換金処分でもネットオークションを利用することが増えています。もちろん主催者側は公に認めている事はありません。

 

会員規約内での制限行為としてリスクがありますが、手数料なども無料・低価格になってきており、より利用しやすくなっています。そんなネットオークションを利用し、結果的に現金化できる方法があります。

 

ショッピング枠現金化は自己責任で!

ショッピング枠現金化は、原則禁止されている方法である事は周知の事実ですが、ネットにはいろいろな情報、新しい情報も出てきますが、掲載当時は可能だった方法も最新の情報では、禁止事項になり利用できないこともあります。そのため、全てのショッピング枠現金化は自己責任で行うしかありません。仮にショッピング枠現金化で、カードの強制退会、一括返済を求められても誰も助けてくれない場合がほとんどです。弁護士や警察に相談しても、取り合ってくれないでしょう。それでも、ショッピング枠現金化がなくならないのは、お金を必要としている人には大変助かる仕組みだからです。

 

ネットオークションでは高い手数料は取らない

オークションを活用する理由は、買った商品を現金化業者に買い取ってもらうのではなく、自分で売却することで、手数料の支払いを低く抑えることができる点です。さらに高額商品をカードで買うと、ポイントも貯まります。販売店独自のポイントがつくこともありますし、両方合わせると、5%〜10%程度のポイントになっています。その商品をヤフオクなどのネットオークションで売れば、自分で換金を行っていることと同じになります。さらにヤフオクを使った手法も存在します。

 

ヤフオクで現金化できる理由

ヤフオクで現金化する場合、ヤフオクのIDを2つ取得します。一つ目のIDで商品を出品します。そして、出品した商品をもう一つのIDを使い落札しますそのとき、クレジットカードを利用します。もうおわかりかと思いますが、出品者と落札者は同じ人物であっても、現金を手にすることができます。ただし、不正利用が多くなっているので、パソコンやクレジットカードなども同じものを使うと利用停止になりますので、注意してください。
ヤフオクは、現在手数料が無料で利用できるようになっています。入札も出品システム利用料も無料です。プレミアム会員登録も不要となっていますので、やり方を工夫すれば、安い手数料で現金化できるようになっています。

 

まとめ

ネットオークションの手数料が無料に近くなったことで、ショッピング枠現金化の手数料も自分で下げることができ、バレにくくなっています。換金目的でのサービス利用については禁止事項であり、自己責任ということをよく考えて活用してください。