カードローンとショッピング枠現金化のどちらがいいか

カードローンとショッピング枠現金化のどちらがいいか

現金を手に入れるサービスとして一般的なのは銀行や消費者金融などの金融機関のカードローンでお金を借りることです。カードローンの特徴としては無担保で現金を信用貸ししてくることであり、カードローンを利用する際はお金が返せるかどうかという審査が必要になります。

 

お金は借りたら返さなければなりませんが、借り手に無担保でお金を貸すということは金融機関にとってはリスクになります。最悪自己破産されては損失にしかならないので、金融機関は借り手がしっかりと返済できるかどうか、具体的には定職に就いているか、収入は安定しているかなどの項目を審査します。

 

審査があるということでお金が借りにくいと考えている人は、現金を手に入れるもう1つの手段としてショッピング枠現金化を考えるかと思います。

 

クレジットカードのショッピング枠があれば審査なしで利用することができるので、即日で現金が手に入る反面、業者を利用する、しないに関わらず、利用するショッピング枠が丸々現金として手に入ることはまずありません。

 

特に業者を使えば時間と手間はかかりませんが手数料が引かれます。この手数料、金利に換算するとカードローンの金利なんかよりもずっと高い計算になります。
カードローンとショッピング枠現金化のどちらがいいかと聞かれても、それぞれのメリットデメリットがある上に、利用する状況は人によって千差万別です。

 

手数料、金利で考えれば確実にカードローンがいいはずです。金利も法定金利として上限が定められていますし、法律という明確な基準、制限があるので安心して利用することができます。

 

反面、総量規制や審査など、利用を制限される場合もあります。審査に時間がかかるというのもデメリットです。信用情報機関にも借金としての履歴が記載されます。

 

その点、ショッピング枠現金化は総量規制の対象外であり、審査もなく時間もかからないというメリットがあります。しかしながら、ショッピング枠現金化はクレジットカード会社との規約違反であり、もし利用が明るみに出ると利用停止や強制解約のペナルティを受けるリスクがあります。

 

どちらを利用するにせよ、利用した分は必ず返済、支払いをしなければなりません。どちらのサービスも身を助けるためのサービスですが、使い方を間違えれば身を滅ぼすのは変わりありません。

 

お金に関することは事前の計画性が一番大切であると心がけて利用することができれば、どちらを利用しても問題はないと言えるかもしれません。