債務整理と過払い金請求を知る

過払い金請求を知る

債務整理を語る上で欠かせないのが過払い金請求についてです。

 

いろいろな考え方があるのですが、過払い金請求は債務整理の方法のひとつと考えている方も少なくありません。

 

ここでは、債務整理と過払い金請求についてお話ししていきましょう。

 

過払い金請求とは?

 

2010年に法改正される前までは、いわゆるグレーゾーン金利というものがありました。

 

グレーゾーン金利については見聞きしたことのある方も多いでしょう。

 

出資法の上限金利と利息制限法の上限金利の間の金利のことで、グレーではあるものの罰則はないということで多くの消費者金融がグレーゾーン金利での貸し付けをおこなっていました。

 

ただ、グレーゾーン金利というのは言ってしまえば金利を払い過ぎている状態に他なりません。この払い過ぎている金利が過払い金なのです。

 

2010年までに消費者金融やクレジットカードでの借り入れをおこなっていた方は、このグレーゾーン金利による過払い金が発生している可能性があるのです。

 

この過払い金を取り返すための手続きが過払い金請求なのです。

 

債務整理をする前に過払い金がないかチェック!

 

過去に借り入れをしていた経験のある方や長く返済を続けている方であれば、債務整理の前に過払い金がないかをチェックしましょう。

 

というのも、過払い金があれば、過払い金請求をすることによってお金が返ってくるのです。

 

返ってきた過払い金を今ある借金の返済にあてることもできますし、過払い金の金額によっては借金の完済をして、さらに現金が手元に残るということもあるかもしれません。

 

債務整理は債務整理で借金問題における解決法にはなるのですが、メリットのみというわけではありません。

 

債務整理によるデメリットというのも当然出てきますので、債務整理をする前に過払い金請求で借金問題がよい方向へ向かうのであれば、過払い金請求を先にしておいたほうがいいのです。

 

もう少し具体的に言うと、債務整理では信用情報に事故情報が残ってしまうのですが、過払い金請求ではそれがないのです。

 

いわゆるブラックリストに載るか載らないかという違いになってくるのですが、やはりブラックリストには載らないに越したことはないのです。

 

だからこそ、債務整理をする前に過払い金のチェックをするようにしておきたいのです。